エココンテンツ

  • エコニュース
  • エコログ
  • エコニクスの森林
  • 藻場LAND
  • 環境パフォーマンス
  • 環境貢献活動支援
2018年03月07日

お気に入りの写真フィルターを探そう

 私には、風景の写真を撮ることが趣味の一つにあります。といっても、出かけた先で残しておきたい場面があればという気持ちで、気軽に撮影をしています。一眼レフカメラを持って遠出をすることもあれば、出社前や退社後にスマートフォンのカメラで写真を撮るなど、時間・場所・方法は様々です。

 撮った写真は、定期的にPCに保存し、振り返りながらデータ整理をします。その中で、特に気に入った写真はスマートフォンへ同期しています。携帯端末はいつでも持ち歩いているので、何気なく思い出を見返してみたり、誰かと話しているときにすぐ写真を見せることができて良いよね、と思う方も少なくないのではないでしょうか。さらに、スマートフォンに入れた写真はもう一段階楽しむ方法があります。

 最近は、写真を簡単に加工できるアプリが続々と登場しています。撮った写真をぼかしたり、フレームをはめたり、コントラストを調節したり…。色んなエフェクトをかけることができて魅力的です。

 

 

写真加工アプリの編集画面

 

 わたしは、その中でも「フィルター」の種類が多いものを使用して楽しんでいます。同じ写真でも、フィルターを変えるだけで随分と雰囲気が変わります。家に帰ってくつろいでいるときは、写真一枚一枚にどのフィルターが似合うか考えたりします。フィルターをかけた写真がどのように変化するのか見てみましょう。

 


無加工の写真です。下のフィルターと比較してみましょう。

 


①Valencia(バレンシア)
やや明るくて、レトロな雰囲気になるフィルター

 


②X-ProⅡ(エクスプロ2)
外側にはっきりとした影がでます。重厚感を出す時に利用するとピッタリ

 


③Nashville(ナッシュヴィル)
インスタントカメラ風。薄く赤みがかりコントラストが下がります

 

 また、スマートフォンの画面では加工した写真が縦横1:1で表示されるので、加工するときのトリミングまで考えて撮影していることがあります。撮るときも楽しい、帰ってからも楽しめる私なりの写真加工術でした。

 

最近は、柔らかい印象のGingham(ギンガム)のフィルターがお気に入りです。

もどる