エココンテンツ

  • エコニュース
  • エコログ
  • エコニクスの森林
  • 藻場LAND
  • 環境貢献活動支援
  • 環境パフォーマンス
2019年01月29日

おからパウダー

 今、巷ではおからパウダーがちょっとした話題になっています。おからパウダーとは、豆腐を製造する過程で豆乳を搾ったあとに残る搾りカスであるおからを、乾燥させ粒を更に細かくし、パウダー状にしたものです。生のおからは賞味期限が短く、日持ちしないのに対し、おからパウダーは長期保存が可能なため、毎日の食生活に手軽に取り入れやすくなっています。 

 最近テレビで紹介された影響もあり、スーパーでは品切れ状態が続くほどの人気ぶりです。おからは腸内環境を整え便秘解消に効果的な「食物繊維」が豊富に含まれており、生活習慣病を改善・予防する「サポニン」や、乳がん発生率減少と関連があるとされる「イソフラボン」なども含まれる栄養価が高い食材です。また、お腹の中で膨れるので、満腹感を得られて食べ過ぎ防止にもなり、ダイエットにも最適です。栄養価が高くダイエットの強い味方であり、尚且つおからをパウダー状にすることで普段の料理に取り入れやすくなったことがおからパウダーの人気の理由のようです。

 

 先日スーパーへ行った際、運良くおからパウダーを見つけたので購入しました。

 

 

 おからパウダーは無味無臭のため、色々な料理に混ぜることができ、料理のかさ増しにもなります。また、小麦粉やパン粉の代わりにも使用できます。

 実際に小麦粉の代わりにおからパウダーを使用し、油淋(ユーリン)(チー)を作ってみました!

 

 

 「衣がカリカリしていて美味しい!」「小麦粉よりも良いかも!?」と家族にも好評でした。

 今回は小麦粉の代わりに使用しましたが、おからパウダーをそのまま出来上がった料理にかけて食べることもできるので、普段の食生活に簡単に取り入れることができます。

 皆さんもぜひお試し下さい!

もどる