エココンテンツ

  • エコニュース
  • エコログ
  • エコニクスの森林
  • 藻場LAND
  • 環境貢献活動支援
  • 環境パフォーマンス
2018年10月26日

花たちとの出会い【Part.1】

「ブラックヒーロー」
「バレリーナ」
「コンチネンタル」
「アンクル トム」
「ラブラドール」「ウェデイング ギフト」などなど…

 

 これって何のこと、何の名前かおわかりでしょうか?

 実はチューリップの品種名です。沢山の種類があると聞いたことがありましたが、こんなユニークな名前が付いているとは知りませんでした。

 

 とある公園で出会ったチューリップたちです。

 

 残念ながら当日、天気は曇り空でしたが、チューリップたちはきれいな花を咲かせていました。

 

 

 

 ちなみに「ゴリラ」というチューリップの品種(名前)もありました…。
 この「ゴリラ」、その名前の由来は詳しくはわかっていないようです。

 

 17世紀、オランダではチューリップ狂時代(チューリップ・バブル)という時代があり、投資の1つとして、珍しい色彩のチューリップを手に入れようと財産を投げ打った人たちがいたとTVの番組で見たことがあります。

 それほどまでに人を惹き付けるチューリップ…。これらのきれいな花を見ているうちに、いつの間にか自分も心を奪われていることに気が付きました。

 ちなみに、チューリップの花言葉は「思いやり」。でも、その色によっても異なるようですよ。

もどる