エココンテンツ

  • エコニュース
  • エコログ
  • エコニクスの森林
  • 藻場LAND
  • 環境パフォーマンス
  • 環境貢献活動支援
2017年09月22日

ダッチオーブン料理

 毎年、我が家では夏から初秋にかけて、何度か海や山へキャンプにでかけます。

 キャンプでの食事の代名詞と言えば焼肉やBBQですが、連泊の場合には毎食焼肉をする訳にもいきません。また、シーズン後半のキャンプでは、焼肉に対して嫌悪感すら抱いている場合もあります…笑

 そこまでしてキャンプに行かなくてもと思われるかもしれませんが、楽しさのあまりついつい行ってしまいます。

 

 そこで焼肉はちょっと…となった時に、我が家では【ダッチオーブン】を使った鶏の丸焼きを作ります。結局、「肉かよ!」と思わないで下さい。これがけっこう美味しいのです♪

 そして手順は3段階と、とても簡単ですのでかなりお勧めです。

 

 

①味付け

  

 まずは、下ごしらえです。と言っても、ハーブ塩などを鶏の表面とお腹の中に塗り込むだけです。お好みで、塩の種類を代えてもOKですし、夏バテ気味の時はお腹の中にニンニク片を入れるとGoodです。準備はコレだけ!!焼き始める1~2時間前に味付けをすると鶏肉全体に味が染み込ます。

 

②焼く

 

 炭の上にダッチオーブンを乗せ、熱しておきます。ほどよくなったらその中に鶏肉を放り込み、鶏肉の表面に焼き目をつけます。表面全体に焼き目がついたらオーブンの蓋を閉め、蓋の上にも炭を乗せます。ダッチオーブンは蓋の上にも炭が乗せられるのが特徴で、上火、下火を使い分ける事で、色々な料理ができます。この状態で30分ほど待ちます。

 

③野菜を投入

 30分ほど待ったら、蓋を開けお好みの野菜を入れます。今回、我が家はジャガイモを入れましたが、ニンジンや玉ねぎを入れても美味しいです。この状態で、更に20分ほど待ちます。

 

⑥いただきます♪

 鶏肉とジャガイモに竹串がスッと刺されば完成です!簡単な下ごしらえと1時間弱待つ忍耐力があれば絶品の鶏の丸焼きが完成します!

 

 ダッチオーブンは、使い始める前のシーズニングと云われる準備や保管方法など、チョットの準備と手間が必要ですが、このオーブンを使えばアウトドアでの食事が更に美味しく楽しくなります。

もどる